英語の聞き流しだけで習得した3歳の秀才いとこ

私は頭の良さは遺伝すると思います。
私の伯父はとても頭が良くて、伯父の奥さんもそして、その子どももやはり頭が良いのです。
遺伝以外に考えられないと思うしかありません。

私のいとこにあたるのですが、幼い頃から英語を聞き流していて、ホームステイした外国人とか会話をしていたそうです。
まだ3歳くらいの時は、「これは何?」とリンゴを見せると「Apple」と英語で答えていました。
3歳で日本語と英語を理解できることがすごいですし、3歳はまだ日本語さえもあまり話せたり、単語を知らなかったりするのに、英語が頭に入っているということがすごいです。

いとこは小学校、中学校でもやはり成績優秀でした。
もちろん塾に行って勉強はしていましたが、元々頭がいいから読み込みも早いのです。
もちろん英語や数学はとても得意で、いつも上位の成績でした。

私も上位の方でしたが、うちの親は伯父と違ってどちらもあまり頭がいいとは言えない方だったので、いとこには到底かなわない成績でした。
こういう時に、親が頭がいいと子どもも良くなるから羨ましいなと思います。

これらのことから、親が頭がいいから子どもも頭が良くなるとしか考えられないのです。
親が頭がよければ、子どもが赤ちゃんの時から教育ができるし、どうすれば頭が良くなるかを知っているので、脳が1番発達する時期に子どもに能力をつけることができると思います。
頭が良くなるにはそれなりの努力は必要ですが、元がいい人には到底かなわないのが、なんとも残念なとこだと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です